「ふんわり名人 きな粉餅」みたい!?【きな粉×米粉クッキー】



前回と前々回の記事(米粉100%でもっちもち!マドレーヌ&パン)(もっちり!米粉入りパン)に続いて、またしても米粉のお菓子です。

米粉にハマっているわけではなく、米粉の賞味期限が迫っているのです(笑)

パン、マドレーヌ…ときたので、今回はクッキーです。

*きな粉×米粉のクッキー*
《材料》約30枚分
・米粉 200g
・無塩バター 40g
★砂糖 65g
★卵 1個
★オリーブオイル 60g
★塩 ひとつまみ
・きな粉 55g
・豆乳 10g

《作り方》
①バターをレンジでチンして溶かす。(40秒くらい)
②ボールに溶かしたバターと★の材料を入れて泡立て器で混ぜる。
③きな粉を入れてさらに混ぜる。
④米粉を入れてゴムベラでさっくり混ぜる。
⑤2等分してラップに包み、押し固めて形を整え、冷凍庫で30分寝かせる。
⑥生地を4mmくらいの厚さに切り、170度に予熱したオーブンで20分焼く。


なるべくカロリーを抑えたかったので、砂糖とオリーブオイルは、参考にした元レシピの分量より減らしてあります。
(砂糖もオリーブオイルも元レシピでは80gでした)

砂糖の量はこれでも十分甘かったので、50gくらいまで減らしても大丈夫そう。

オリーブオイルも50gにして豆乳の量を増やしてみるとか、次回はもっとカロリーダウンに挑戦したいと思います。


kinako.jpg
↑④の途中。キャラメルみたい。


kinako2.jpg
↑混ぜ終わったところ。この時点では見た目があんまり美しくないです(笑)

kinako3.jpg
↑ラップに包むと、やっぱりキャラメルみたい。
これが2本出来上がるので、1本はそのまま冷凍保存していおいて、後日焼いて食べます。

kinako4.jpg
↑焼き上がり。ホロホロで崩れやすいので取り扱い注意!

食べると口の中にきな粉の味がふわ〜っと広がる感じが、「ふんわり名人 きな粉餅」を彷彿とさせるクッキーです(* ´ ▽ ` *)


このお菓子、口に入れた瞬間に溶ける感覚がなんともいえなくて大好きです。

この絶妙な口どけの良さはクッキーでは再現できませんが、クッキーはクッキーでまた別の美味しさなので、きな粉餅が好きな方はぜひ作ってみてください♪



米粉100%でもっちもち!マドレーヌ&パン

もちもちのパンが焼ける米粉

前回の記事(もっちり!米粉入りパン)でご紹介したように、パンに入れる米粉はだいたい生地の20%くらいと少なめだったので、1Kg買った米粉がなかなか減らず、賞味期限が近づいてきてしまいました。

そこで、米粉を大量消費するために、米粉100%のお菓子&パンを作ってみました。


komeko5.jpg

*小松菜の米粉マドレーヌ(クルミ入り)*
米粉 100g
ベーキングパウダー 5g
砂糖15g
塩 少々
オリーブオイル 20cc
豆乳 80cc
茹でた小松菜 50g
クルミ 適量

① 小松菜と豆乳をフードプロセッサーで混ぜる
② ①にその他の材料を全て入れ、さっくりと混ぜ合わせる
③ 型に入れて180℃で15分、170℃で5分焼く

小松菜の緑色が綺麗♪

小麦粉のマドレーヌのようにふわふわとはしませんが、もちっとしてずっしりした食べ応えのあるマドレーヌになりました。

朝食にもおすすめ!




komeko6.jpg

*米粉100%パン*
米粉 300g
バター 15g
砂糖 30g
塩 5g
イースト 5g
牛乳 250g(またはスキムミルク25g+水225g)

☆こねたら1次発酵なしで分割→ベンチタイム→成形→2次発酵→180℃で15分焼く


1次発酵なしで、この日は室温33℃(!)だったので2次発酵もあっという間でした♪



komeko7.jpg

↑外はパリッと、中はふんわりもちもち!

素朴な風味なので、はちみつやケーキシロップがとてもよく合います。
ハンバーグやシチューなどの料理のお供にもおすすめ。



komeko8.jpg

↑色々な形で作ってみました。

細長いのはフランスパンのミニチュアみたいでかわいい(^^)



↑使用した米粉はこちら

もっちり!米粉入りパン

お餅、大福、白玉・・・もちもちしたものがとにかく大好きなので、パンにもよく米粉を入れます。

今までに作った米粉入りパンの記録。


komeko1.jpg
*米粉のミルクハース*
強力粉 200g/米粉50g
バター 20g
砂糖 20g
塩 4g
イースト4g
牛乳180g
(190℃で20分+170℃で5分)

包丁でクープを入れる難しさを学びました(^^;)




komeko2.jpg
*ナッツ入り米粉食パン*
強力粉 220g/米粉80g
バター 20g
砂糖 30g
塩 4g
イースト4g
スキムミルク 15g
水 180g
ナッツ 適量

縦にふくらみすぎて、頭がちょっとこげちゃった。




komeko3.jpg
*紅茶&レモンのミルクハース*
強力粉 200g/米粉50g
バター 20g
砂糖 20g
塩 4g
イースト4g
牛乳180g
紅茶ティーバッグ(リプトン) 1個
レモンピール(100均で買ったもの) 1袋

これはフレンチトーストにすると美味!






komeko4.jpg*
*米粉食パン*
強力粉 240g/米粉60g
バター 20g
砂糖 30g
塩 5g
イースト4g
豆乳 100g
水 90g
(180℃で30分)

水不足?仕上がりがちょっと硬かった・・・




↑使用した米粉
ふっくらもちもちに焼けて、風味も良いのでおすすめです♪


↑一生使えるんじゃないかってくらい、なかなか減らないけしの実(笑)

メロンの種は捨てないで!【幸せメロンクリームソーダ】

melon1.jpg

メロンを食べる時、どのようにカットして、どこから食べていますか?

私はいつも写真のように縦に切って、左側(頭)から右側(おしり)の方へ食べていきます。

メロンはおしりの方が甘いので、一番甘い部分を最後に食べたほうが後味が良くなるからです。


おしりの甘い部分だけを堪能するために、メロンを横半分に切る「赤道切り」という切り方もあります。

でも数人で分ける時には、人によって甘さに差が出ないよう縦に切るのが公平な分け方ですね。


melon2.jpg

ところで、メロンを切ったあと、種の部分を捨てていませんか?

実は一番甘いのは種の周りの部分なので、捨ててはもったいないのです!


以前「ためしてガッテン」で紹介されていた、種を使ったメロンクリームソーダの作り方をご紹介します。


《材料》
メロンの種と果汁

サイダー

バニラアイス


《作り方》

① 種をザルでこし、果汁を絞り出す

② 氷の入ったグラスに、果汁をグラスの下から4分の1まで注ぐ

③ ②に、サイダーを注ぎ、よく混ぜる

(お好みで)バニラアイスをスプーンですくってのせればできあがり


※果汁:サイダー=1:3がおすすめです

※メロン1玉から、3~4人分作ることができます



melonsoda.jpg

捨てられるはずだった種が絶品メロンソーダに変わります♪


メロンは高血圧やむくみの緩和に効果のあるカリウムを含んでいて、赤肉メロンに多く含まれるβカロテンは免疫力アップや美肌に効果的です。

しかもカロリーは100gあたり42kcalと、果物の中では低め。
(バナナは86kcal、りんごは54kcal)

旬のこの時期、ぜひ積極的に食べたいですね!





トーストに塗って美味しいNo.1【食べるオリーブオイル】

jampan.jpg

8月7日に放送された日本テレビ系『ZIP』ハテナビのコーナーで、
《トーストに塗ったら美味しいもの》が紹介されました。

松坂牛の肉みそ(三重)
ずんだあん(宮城)
うにの塩漬け(青森)
らっきょう(鳥取)
タコライス缶詰(沖縄)
・マスカットのジュレ(岡山)

などなど、日本各地の名産品を塗ったトーストはどれも美味しそうでした!


47都道府県それぞれの名産品の中でナンバーワンとして紹介されたのが、
食べるオリーブオイルです。


オリーブオイルがジュワっと染みたトーストに、ちりめんじゃこのカリカリ食感と唐辛子のアクセント。
う〜ん美味しそう!!

"モンドセレクション2013銀賞のご飯のおとも" 瀬戸内産ちりめんじゃこ使用の万能調味料。

トーストだけじゃなく、ご飯・ピザ・お肉など、何にでも合いそうですね。

「食べるラー油」の次は、「食べるオリーブオイル」が大流行するかも・・・!?





↓食べるオリーブオイルでふるさと納税もできます!






↓マスカットジュレトーストを、カロリー0で♪