kodawari

kodawari



グリコから発売されているアイス『SUNAO』

その特徴はどれも、ダイエットや健康を気にされる方には嬉しいことばかり。

・80キロカロリー
・糖質50%オフ
・豆乳使用
・砂糖不使用
・食物繊維たっぷり


バニラ1個あたりの栄養成分は以下の通り。

成分
出展 http://cp.glico.jp/sunao/about/


カロリーや糖質が低いだけでなく、便秘解消の味方「食物繊維」が豊富なところも魅力的です。

バニラ味の場合、食物繊維量は13.4g。
レタス4個分くらいの食物繊維が含まれています。

1日に必要な食物繊維量(成人女性)は17gですから、SUNAOを1つ食べるだけでだいぶ食物繊維不足が解消できそうです!
(もちろん、野菜など他の食品から食物繊維を摂取するのが大前提です)



ちなみに、1個あたり80kcalというのがどれだけ低いかというと・・・

同じグリコから発売されている「牧場しぼり(バニラ)」は、
SUNAOと同じ容量(120ml)で197kcalです。


参考までに、明治のスーパーカップ(200ml)のカロリーを見てみると

超バニラ    380kcal
抹茶      304kcal
チョコクッキー 297kcal

意外にも、カロリーが高そうな「チョコクッキー」が一番低カロリーでした。


《100mlあたりのカロリー比較》
牧場しぼり バニラ   163kcal
スーパーカップ バニラ 190kcal
スーパーカップ 抹茶  152kcal
スーパーカップ チョコ 149kcal
SUNAO バニラ     67kcal


ということで、ダントツでカロリーの低いSUNAOですが、このようなカロリーカットの食品はどれも味が物足りないもの。

あまり期待せずに、実際に買って食べてみたところ、一口目で衝撃を受けました。

「あ、甘い・・・!美味しい!」

食べたのはチョコクランチ。

2017052910305155c.jpg

何も言われなければ低糖質アイスだと気づかないくらい、普通のアイスと遜色ない味でした。

食べ進めていくと、半分くらいで満足感が得られたので、半分は残しておこうと思ったものの、つい誘惑に負けて最後まで食べてしまいました(笑)

半分を過ぎたあたりで、いつも食べてるアイスのような重たい感じがなくあっさりしていることに気づきました。
「ああ、これが低糖質の効果か」と。

でもそれは良い意味での「あっさり」で、物足りないわけでもなく最後まで美味しく食べられました。


夜遅くに甘いものが食べたくなった時や、ダイエット中にどうしても甘いものが我慢できない時に最適なアイスです!

最後に口に残る甘ったるさが少ないので、甘いものがあまり得意でない方にもおすすめです♪








関連記事
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply