FC2ブログ

kodawari

kodawari

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by

kodawari

kodawari

jam-1106592_1280.jpg

ジャムは食べても太りにくい!?

「ジャムは甘くて美味しいど、太るからあまり食べないようにしないと…」なんて思っている方に朗報です!

砂糖は血糖値を急激に変化させるので太る原因のひとつになりますが、果物に含まれる糖質は吸収がゆっくりで、急激に血糖値を上げることはありません。

同じ甘味でも、砂糖を使ったケーキやお菓子より、果物のジャムの方が太りにくいのです。

また、マーガリンは10gあたり76kcalなのに対して、ジャム(いちご)は26kcal。
パンに塗るなら断然ジャムの方がおすすめです。






ジャムには抗酸化作用がある!

ジャムには、生の果物にはない成分「メラノイジン」が含まれています。
ジャムを作る際にアミノ酸と糖質が結合してできる物質で、とても強い抗酸化作用があります。

ストレスやタバコ、食品添加物の摂りすぎ、空気の悪いところで長時間過ごすなど、日々の生活で身体は酸化します。
酸化すると血管や細胞が傷つき動脈硬化などを起こす原因となりますので、食べ物やサプリで抗酸化力をつけることが大事です。

また、メラノイジンはコレステロールの低下糖尿病予防発ガン予防なども期待できるので、積極的に摂りたい栄養素です。




いちごの形の【いちごジャムパン】


ichigopan.jpg

ジャムパンをいちごの形で作ってみました♪

ドロっとしたジャムを包むのは、あんパンのあんこを包むより何倍も難しい!

ジャムが触れた部分の生地はくっつかなくなってしまうので、包む前に生地をしっかりと伸ばして余白を多くとるのがコツのようです。

あまり薄く伸ばしすぎると、焼いて膨らんだ時にジャムが中から飛び出してきてしまったり・・・

ジャムパンをうまく作るには修行が必要ですね。




関連記事
Posted by

Comments - 0

There are no comments yet.

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。